お知らせ

【肺炎球菌ワクチン(受付停止)】

肺炎球菌ワクチンは
これまで予約なしで受け付けていましたが
ワクチンの流通量が減少しているため
現在、接種できません。
入荷次第、再開します。

  • 2020年10月26日

【2020年インフルエンザワクチン】

◎インフルエンザワクチンの接種を
2020年10月1日から開始しました。

◎料金:
4000円

◎注意:
予約制ではありません。
取り置きはしてません。
その日の在庫分を来院された順番に接種します。
ワクチンがなくなり次第終了いたします。

◎お願い:
お電話での在庫の問い合わせは
業務に支障が出るため
控えてください。


奈良市高齢者インフルエンザ予防接種も
行っています。
2020年10月1日~2021年1月31日までは
料金は1700円です。
65歳以上の奈良市に住民登録のある方
60歳以上で特定の機能障害を持つ方が
対象です。
ワクチンがなくなり次第終了いたします。

  • 2020年10月26日

【奈良市特定健診(再掲)】

2020年7月1日から
奈良市特定健診が始まりました。

10月以降は予約制です。
窓口かお電話でご予約ください。
※診察の進行によりお待ちいただく可能性があります。
※午後と土曜日は行っていません。

詳しくは
奈良市特定健診
をご覧ください。

コロナウイルス感染症が
再流行する前の受診を
お勧めします。

9月30日までは
月曜日から金曜日の
午前9時から11時30分まで
予約なしで受け付けします。

<お願い>
1. 下記のいずれかに該当される方は、
当日の健診をお断りする場合があります

◎ご本人、または、ご家族に
体調のすぐれない方がいらっしゃる方

◎のどの痛み、咳などの風邪症状や、
におい・味が分からないといった症状が
ある方

◎現在あるいは2週間以内に発熱がある方、
あった方(平熱より高い場合も含む)

◎2週間以内に、新型コロナウイルスの患者や
その疑いがある患者(同居者・職場内での
発熱を含む)との接触歴がある方

◎2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める
諸外国への渡航歴がある方
(およびそれらの方と家族や職場内等で接触歴がある方)

◎2週間以内に、緊急事態宣言地域
(特定警戒都道府県)の滞在歴がある方

2. 来院時と会計後に
 アルコール消毒液による手指消毒
 または手洗いの実施

3.マスクの常時着用
 (マスクは当方でのご用意できません。)

4.コロナウイルス感染症が
 再び流行する場合は健診を中止し
 予約をキャンセルさせていただく場合が
 あります。

  • 2020年9月28日

【コロナ関連の検査は出来ません】

当院で
コロナウイルスに関する検査は
出来ません。

お問い合わせが多いので
お知らせいたします。

  • 2020年8月31日

【受診に来られる方へ】

受診に来られる方が
安心して来院していただくために
診療所内は
定期的に消毒、換気を行っています。
院長を含めてスタッフ全員は
マスクの着用、手指消毒を行い
検温など健康管理をしています。

来院される方、付き添いの方に
検温や手指消毒を協力していただいています。

発熱、呼吸器症状など
いわゆる、かぜ症状のある方は
電話受診をしていただくか
受診の時間を分けています。
なお、
コロナウイルス感染が強く疑われる場合は
当院での診察はしていません。(出来ません)

みんなで協力して
コロナウイルス感染症の流行を
乗り越えましょう。

  • 2020年7月26日

【受診が不安な方へ】

新型コロナウイルス患者さんの
奈良県内での感染増加があり
不安に思われている方が多いと思います。

お薬が途切れてしまうと
高血圧、糖尿病、脂質異常症といった
生活習慣病の悪化から
思わぬ状態になるかもしれません。

不安のある方は随時相談に乗りますので
お電話をください。

くれぐれも
定期的に飲んでいる薬を自己判断で
中止しないようにしてください。
電話で状況をお聞きして
病院に来なくても
お薬を薬局で受け取るという方法も
ありますよ。

  • 2020年7月26日

【かぜ症状のかたへ。必ずお読みください。】

発熱、呼吸器症状等の
いわゆる、かぜ症状がある方は
直接来院せずに
まずは電話をしてください。

※診察が混みあっている場合は
すぐに対応が出来ないことがあります。
ご理解ください。

橋本から電話します。
症状をお聞きした上で
主に下記の方針となります。

① 電話で症状などをお聞きした上で
  薬局でお薬を受け取る。
(当院への直接の受診なし)
この場合のお支払は後日で結構です。

② 当院を受診する。
受診の時間帯は、
他の患者さんが帰宅した後に
なるので、遅い時間になります。
なお、感染防御対策を実施しますので
料金が高くなることを
ご了承ください。
(3割負担の方で1000円ほど高くなります。)
必ずマスク着用で来院してください。

③ 他院を受診してもらう
 お電話でお聞きした内容で判断しますが
 コロナウイルスPCR検査が必要と判断した場合や
 当院では対応が困難な状況であれば
 他院を紹介受診してもらうことがあります。
 
万が一
待合室で感染が拡大しないために
直接来院せずに
まずは電話相談をしてください。
よろしくお願いします。

奈良市の相談窓口ページに
分かりやすく説明があります
ぜひ、お読みください。
新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合の相談窓口(奈良市)

  • 2020年7月25日

【奈良市胃がんリスク検診】

令和2年7月1日~令和3年2月末日まで
胃がんリスク検診(ABC検診)を行います。

血液検査で
胃がんの危険因子である
ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無と
胃の委縮度を調べる検診です。

対象は
奈良市に住民票があって
令和3年3月31日現在で
40~70歳の胃がんリスク検診を
受けたことがない人です。

検査の対象外となる場合があります。
下記リンクをよく読んで
検査対象かどうか判断してから
来院してください。

奈良市胃がんリスク検診

当院では予約なしで
検査を受けられます。
(結果説明は1週間ほど後になります。)

  • 2020年6月24日

【雇入れ健診・定期健康診断の予約について】

2020年6月15日から
健診を再開しました。

雇入時健診、定期健康診断は
予約制となっています。
事前に電話か、窓口で予約を承っています。
電話番号 0742-25-2828

コロナウイルスの感染拡大のため
下記の<お願い>を
よく読んでいただきますよう
よろしくお願いします。

<お願い>
1. 下記のいずれかに該当される方は、
当日の健診をお断りする場合があります

◎ご本人、または、ご家族に
体調のすぐれない方がいらっしゃる方

◎のどの痛み、咳などの風邪症状や、
におい・味が分からないといった症状が
ある方

◎現在あるいは2週間以内に発熱がある方、
あった方(平熱より高い場合も含む)

◎2週間以内に、新型コロナウイルスの患者や
その疑いがある患者(同居者・職場内での
発熱を含む)との接触歴がある方

◎2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める
諸外国への渡航歴がある方
(およびそれらの方と家族や職場内等で接触歴がある方)

◎2週間以内に、緊急事態宣言地域
(特定警戒都道府県)の滞在歴がある方

2. 来院時と会計後に
 アルコール消毒液による手指消毒
 または手洗いの実施

3.マスクの常時着用
 (マスクは当方でのご用意できません。)

4.コロナウイルス感染症が
 再び流行する場合は健診を中止し
 予約をキャンセルさせていただく場合が
 あります。

ご理解・ご協力をお願いします。

  • 2020年6月15日

【電話での処方について】

新型コロナウイルス感染症に伴う
電話処方のお知らせ

~患者様へ~
どうしても
電話に出られない場合があります。
手持ちのお薬に余裕があるうちに
連絡をください。

◎以下を必ずお読みください
新型コロナウイルスの感染拡大を
防止する観点(※)から、
慢性疾患の治療のために当院に
定期受診されている患者様に、
お電話による処方せん発行を
行っています。
(電話処方可能と判断した場合に
限ります。)

(※)
「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」
(令和2年2月25日新型コロナウイルス感染症対策本部決定)

下記をよくお読みの上、お電話ください。

※電話での処方せん発行は今回の新型コロナウイルス感染症の流行期のみの措置です。
終了時期については現時点では未定です。
新型コロナウイルス感染症の流行の程度や国等からの通知などを検討して調整します。

◎対象・・・
当院に慢性疾患で定期的に受診されている患者さまのうち、主治医(橋本)が
電話での処方を認める方。必ずしも処方せんを発行できるとは限りませんのでご了承ください。
電話での処方せん発行が患者様に危険性があると判断した場合や来院して診察および検査が必要と判断した場合は、来院していただくことになります。

◎処方できる薬・・・
定期的に処方しているお薬だけになります。
処方出来ない薬は臨時の薬です。例えば風邪気味だから風邪薬を
処方してほしいとか、おなかの調子が悪いので胃腸薬を処方してほしいといった
ご希望があっても電話での処方は出来ません。
調子が悪いとか変化がある場合は受診するようお勧めします。

◎会計・・・
当院での会計は通常通り発生しますので、後日で結構ですので受付にてお支払いください。
薬局ではお薬の受け取りの際にお支払い下さい。

◎電話受付時間・・・
当院の診察時間内にお願いします。
月~水曜日 午前 9時~午後12時30分、午後4時~午後7時
木曜日 午前 9時~午後12時30分
金曜日 午前 9時~午後12時30分、午後4時~午後7時
土曜日 午前 9時~午後12時30分

◎電話番号・・・
0742-25-2828
原則として患者様ご本人からお電話をお願いします。
電話は折り返しとなります。折り返しの電話の時間はお約束が出来ません。
診察終了後の夜になるかもしれませんので、お薬の受け取りが
翌日以降になる可能性があることをあらかじめご了承ください。
余裕をもってお電話ください。
※当日の処方をご希望であれば受診していただく方が
確実です。ただし、直接来院の場合は、診察なしで処方せんのみを
発行することは禁止されていますので、診察を受けてから処方せんを受け取って下さい。

◎電話で伝えてほしいこと・・・
診察券とお薬手帳を準備して、下記内容をお伝え下さい
□ 診察券番号
□ 氏名
□ 生年月日
□ 保険証の変更の有無
□ 必ず連絡がつく電話番号
□ 体調変化の有無
□ 希望する調剤薬局の名称、所在地、電話番号、FAX番号
※「何月何日と同じ内容の薬を希望」と伝えていただくとスムーズですので
お薬手帳を手元に置いてお電話ください。

◎処方せんの受け取り方法・・・
以下の2通りがあります。
1。処方せんを患者さん本人が当院に取りに来ていただく。
※必ず診察券と保険証をご持参ください。ご持参いただけないと処方せんをお渡し出来ません。
2.当院からご希望の調剤薬局(かかりつけ薬局や最寄りの薬局)へ処方せんをFAXし
処方薬を当該調剤薬局で患者さん本人がお受け取りいただく。
(処方せんの原本は当院から薬局へ送ります。)
※当該薬局へは患者様から必ずご自身で「はしもと内科に処方せんをお願いした」と連絡をしてください。
※お電話の当日にお薬が受け取れないことがありえますのでご承知ください。
お急ぎであれば受診をしていただく方が確実です。ただし、直接来院の場合は、診察なしで処方せんのみを
発行することは禁止されていますので、診察を受けてから処方せんを受け取って下さい。

◎簡単な流れ・・・
①受付時間内にお電話を下さい。
必要事項をお伝えください。
折り返し電話しますので、お待ちください。

②はしもと内科(橋本)から電話をします。
様子をお聞きして、電話での処方せん発行が可能かを橋本が判断します。

◎電話での処方せん発行が可
 ↓
希望する調剤薬局を教えてください。
はしもと内科から調剤薬局に
処方せんをFAXします。
 ↓
調剤薬局と患者様とで連絡を
とってお薬の受け取り方法について
相談してください。
 ↓
お薬の受け取り

◎電話での処方せん発行が不可
 ↓
はしもと内科を受診してください。

  • 2020年4月20日
1 2